大豆の栄養その1

ダイエット通の人なら一度はトライしたことがあるであろう豆乳クッキーで痩せる方法。
インターネットネットショッピングのや週刊誌などのPRページでも、その売り上げが大きく表示されているのですよね。
豆乳クッキーで痩せる方法を知らないダイエッターはいないほど、知名度の高いアイテムです。
ところでこの豆乳クッキーで痩せる方法のメインとも言うべき材料は大豆です。
大豆や大豆アイテムはヘルシーで美容や健全な体に良いフードとしてマークされているのです。
ここそれならその大豆の栄養についてレクチャーをしていきたいと思うのです。
大豆は畑のお肉と呼ばれるように、タンパク質をたっぷり含んでいることは多くのひとが知ってるのだと思うのです。
大豆の植物性タンパク質のペプチドには、血清コレステロールを下げたり脂肪を燃やしやすくさせる働きがあると言われているのです。
そのうえ大豆イソフラボンは女の人ホルモンのエストロゲンと似た働きをし、ダイエット時でもホルモンバランスを整えてくれます。
体の代謝をアップして脂肪を燃やし、肥満を防止してくれる大豆タンパク質と、その効果をよりアップしてくれるイソフラボンにより、大豆がダイエットのハードなテイスト方と呼ばれるようになったのでしょう。
言うまでもなくイソフラボンは大豆に限らず植物に含まれているのですが、大豆におけるイソフラボン含有量は格段に大部分ため「イソフラボン=大豆」のようなイメージが持たれるようになったのですね。
そのうえもう一つ、大豆の脂質に含まれているレシチンには善玉コレステロールを増やす効果もあるのです。
肉食中心でお腹の悪玉菌が大部分人にはハッピー効果です。
こんなことを考えながらダイエットを進めていけば、豆乳クッキーを見る目が少し変わってくるかもしれませんよね。

大豆の栄養その2

豆乳クッキーで痩せる方法を始めようかな、と考えている人は、痩せるための効果だけでなく栄養面でも少し気にかけて欲しいと思うのです。
1食置き換え食品のとき、我流で進めるとどうしても栄養が偏り健全な体を害してしまいがちです。
豆乳クッキーで痩せる方法のようなダイエットフードの多くは、健全な体的に体重を落とせるよう栄養面でも配慮して作ってあるのです。
主材料に大豆を持ってきたことにもマークしましょう。
大豆の主要な栄養であるタンパク質については先にお話しましたが、大豆の栄養はそれだけそれならないのです。
大豆には良質なタンパク質の他、ビタミンB群やビタミンE、リノール酸、亜鉛や銅もたっぷり含まれているのです。
そのうえナトリウムやカリウム、マグネシウムなどのミネラルもバランスよく含まれます。
ここそれならこれらの意外に知られていない大豆の栄養について、お話をしたいと思うのです。
●ビタミンB群
ビタミンB1には炭水化物を効率よくエネルギーに変える働きがあり、ビタミンB2には全身の代謝を促進させる働きがあるのです。
ビタミンB群により、脳の機能が保とうとされ精神的にもリフレッシュすることができます。
●ビタミンE
豆乳に含まれているビタミンEには血行をよくする働きがあり、美肌や肩こりにも効果が期待できます。
そのうえホルモンの分泌を盛んにして若返りを促進するという女の人にとってハッピー効果もあるのです。
●オリゴ糖
便通にもよいとされるオリゴ糖は、大豆にも含まれているのです。
オリゴ糖は胃で取り込むことがされず生きたまま大腸まで届き、ビフィズス菌のエサとなります。
そのようにして腸内の働きを活性化させるのです。
●ミネラル
各種ミネラルの中でもカリウムは血圧を安定させ細胞を元気にしてくれます。
そのうえ心臓や血管、神経などの働きを調整してくれるマグネシウムも多く含まれているのです。
これらの豊富な栄養が、若い女の人だけでなく働き盛りのメンズや成長期の子どもにも大豆がよいと言われる所以なのでしょう。

豆乳アレンジ

いつもの暮らしに豆乳を積極的に取り入れているファミリーはどれくらいあるのでしょうか。
やはりまだまだ牛乳派の人の方が大部分かもしれませんね。
豆乳クッキーで痩せる方法に代表されるように、豆乳は健全な体だけでなくダイエットにも効果を上げるのです。
牛乳よりヘルシーだ、という印象くらいしか持たれていない豆乳ですが、実はメタボリックの予防など健全な体の面でも役立つ栄養がたっぷり含まれているのです。
大豆の栄養と言うとイソフラボンがメジャーですが、これは女の人ホルモンに似た働きをします。
そのため大豆イソフラボンを積極的に摂ると、40~50歳代に女の人ホルモンが激減することにより起こる更年期障害を軽減させることができます。
つまり大豆はダイエットにも健全な体にも役立つ女の人にハッピーものなのです。
いつもの食の暮らしに豆乳を取り入れていくため、手軽でおいしいアレンジを披露します。
まず、リラックス効果やメタボリック予防にも効果が期待できる「シナモン豆乳」です。
鍋にカップ1杯分の豆乳を入れ、沸騰直前まで温め、カップに注いだらシナモンパウダーを振ります。
朝食前などの空腹時に飲むようにすると、美容にもダイエットにも効果を上げるのです。
シナモンの成分であるタンニンと大豆イソフラボンは抗酸化作用を持っており、血液をサラサラにする効果もあるそうなのです。
シナモン豆乳にさらにアレンジをプラスしてたのが「ココアシナモン豆乳」です。
粉末ココアを少量のお湯で溶き、そこへ豆乳をプラスして最後にシナモンパウダーを振り掛けます。
豆乳の香りが好きではない人も、ココアの風テイストで飲みやすくなり、そのうえココアのポリフェノールや食物繊維も摂ることができます。
豆乳クッキーで痩せる方法それならお腹がいっぱいになったイメージを与えるおからの方が豆乳より主力材料ですが、わけなく飲むことができる豆乳も、もっといつもの暮らしに取り入れていきたいものです。

豆乳きな粉

豆乳と同様に大豆からできているのがきな粉。
豆乳で痩せる方法として、このきな粉を取り入れることでカルシウムもたっぷりとりいれることができます。
きな粉は大豆を炒って粉状にしたものです。大豆サポニンや大豆イソフラボンなど大豆栄養素を手軽に取り込むことができます。
健全な体フードとしてさまざまなものに取り入れられています。
体重を減らすものとしては、朝食や間食代わりに飲むと良いでしょう。
ご飯と置き換えるのもよいですが、置き換えることは一日一回までとすることをおすすめします。
置き換えないことは、何回飲んでも良いですが、その分一回の食事を減らすように心がけることをおすすめします。
豆乳きな粉の作り方はカップ一杯の豆乳にきな粉を大さじ2いれます。そのままでも飲めますが、暖めても美テイストしく飲めます。
最近では豆乳きな粉というものが売っています。粉末豆乳にきな粉をミックスしたもので、牛乳に混ぜて飲むという誰にでもできてしまうものです。
牛乳に混ぜることで、豆乳の臭さも気にならず飲むことができます。
ただ、きな粉自体が甘くないためとても飲みにくいといわれています。
体重を減らすもののために飲むなら何も入れないほうがいいですが、飲めないことは甘テイスト成分か蜂蜜を入れて甘さをプラスすることをおすすめします。
そのうえきな粉が溶けにくいという難点もあるようです。
豆乳で痩せる方法だけでも、便秘に効果があるようですが、きな粉を入れることで効果が促進されます。
朝飲むことで、お通じもよくなるのです。体重を減らすものに便秘は大敵なので、便秘改善できるのもいいですね。
店長おすすめ ソヤファーム おいしさスッキリきな粉 豆乳飲料 深煎り.