手作りダイエットクッキー

買うと高い豆乳クッキーで痩せる方法、それならば自分で作ってしまおう、という人もいると思うのです。
日頃からお菓子作りを趣テイストにしている人なら、豆乳クッキーで痩せる方法に表示されている原材料を見れば、ほとんどの配合や作り方は想像がつくことでしょう。
そこでここそれならダイエットにも最適な、手作り豆乳クッキーの作り方を披露します。
ダイエットを目的にしている人だけでなく、子どもになんとかおからの栄養を摂らせたい、というママにもぜひチャレンジしていただきたいレシピです。
【材料】おから…100g、豆乳…50ml、小麦粉…30g、シュガー…大さじ1、塩…ひとつまみ
【作り方】1.すべての材料をボウルに入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜます。
2.オーブンの天板にクッキングシートを敷き、1.を約15等分して並べ、上からスプーンなどで押して3mmの厚さにします。
3.オーブンを180℃に予熱し、2.を20分ほど焼きます。
4.焼きあがればお皿などに並べて冷まし、密閉皿に入れて冷蔵庫で保存します。
できるだけ早く食べ切ってください。
各ファミリーのオーブンによってクセが違いますので、様子を見ながら焼いてください。
口当たりがモサモサとしていますので、たっぷりの水分も合わせて飲んでください。
痩せるために食べるときは、夕飯時の主食として5枚程度を食べるようにします。
おからに含まれる食物繊維は、他の食物繊維に比べて腸に留まる時間が短いそうです。
そのため、便通をよくするための後押しもしれくれるのです。
ダイエットは欠かせないのないけど便秘に悩まされている、という人にも役立てていただきたいですね。

豆乳ベジタブルジュースの効果と作り方

ちkごろの食の暮らしそれならどうしてもベジタブル不足になりがちです。
外食が多かったり朝食を食べずにでかけたりと、不規則な食事の中それならなかなかバランスのよい栄養素を摂るのは難しいかもしれません。
けれどもメタボ検診が始まったこともあり健全な体に気遣う人が増え、軽い運動を始めたりサプリメントで足りない栄養を補う人も多くなっています。
言うまでもなくサプリメントは効率よく栄養を摂ることができ便利ですが、天然のサプリメントと呼ばれるフレッシュベジタブルを使ってベジタブルジュースを作って毎朝飲む、というのもひとつの健全な体法です。
そのうえたっぷりのベジタブルジュースを飲めばお腹もふくらみますので、置き換えダイエットとしてスリム効果も期待できます。
ここそれなら豆乳クッキーで痩せる方法のようなダイエットアイテムでもよく使われている豆乳とベジタブルを使って、ダイエットと美容に効果を上げるのな「豆乳ベジタブルジュース」のレシピを披露します。
【材料】豆乳(できれば無調整)…200ml、にんじん…1/2本、トマト…1/2個、りんご…1/2個、レモン汁…大さじ1
【作り方】1.にんじん、トマト、りんごを皮付きのまま切り、ジューサーにかけます。
2.ジューサーで絞ったジュースに豆乳をプラスしててよく混ぜます。
3.最後に2.にレモン汁をプラスしてて出来上がりです。
この量が1回分で、ダイエットには朝食代わりに飲みます。
ベジタブルの絞りかすまで飲むとかなりお腹が張ってしまうのでジューサーを使って果汁だけを使いました。
ミキサーを使うときはよく攪拌した後、ガーゼで漉してから豆乳とレモン汁をプラスしててください。
このレシピで作ると1回分が約400mlのジュースになります。
豆乳クッキーで痩せる方法よりもお腹がふくらむかもしれません。