手作りダイエットクッキー

買うと高い豆乳クッキーで痩せる方法、それならば自分で作ってしまおう、という人もいると思うのです。
日頃からお菓子作りを趣テイストにしている人なら、豆乳クッキーで痩せる方法に表示されている原材料を見れば、ほとんどの配合や作り方は想像がつくことでしょう。
そこでここそれならダイエットにも最適な、手作り豆乳クッキーの作り方を披露します。
ダイエットを目的にしている人だけでなく、子どもになんとかおからの栄養を摂らせたい、というママにもぜひチャレンジしていただきたいレシピです。
【材料】おから…100g、豆乳…50ml、小麦粉…30g、シュガー…大さじ1、塩…ひとつまみ
【作り方】1.すべての材料をボウルに入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜます。
2.オーブンの天板にクッキングシートを敷き、1.を約15等分して並べ、上からスプーンなどで押して3mmの厚さにします。
3.オーブンを180℃に予熱し、2.を20分ほど焼きます。
4.焼きあがればお皿などに並べて冷まし、密閉皿に入れて冷蔵庫で保存します。
できるだけ早く食べ切ってください。
各ファミリーのオーブンによってクセが違いますので、様子を見ながら焼いてください。
口当たりがモサモサとしていますので、たっぷりの水分も合わせて飲んでください。
痩せるために食べるときは、夕飯時の主食として5枚程度を食べるようにします。
おからに含まれる食物繊維は、他の食物繊維に比べて腸に留まる時間が短いそうです。
そのため、便通をよくするための後押しもしれくれるのです。
ダイエットは欠かせないのないけど便秘に悩まされている、という人にも役立てていただきたいですね。

手作りおからパンの作り方

置き換えダイエットそれなら食事としての満足感を求めると、かえって挫折につながるような気がしますよね。
やはり「これはダイエット食なのだ」と割り切って食べる方が、続くかもしれません。
豆乳クッキーで痩せる方法のPRにも「おいしいから続く」とあるのですが、やはりクッキーは食事それならなくスイーツだ、という感覚のままダイエットを始めてもいくらおいしくても満足感は得られないでしょう。
そこで「もっと食事っぽいものが食べたい」という人のためにクッキーパンを前に披露しましたが、ここそれなら自分で作るダイエットパンを披露したいと思うのです。
豆乳クッキーで痩せる方法にちなんで、豆乳とおからをブレンドしたパンのレシピです。
【材料】強力粉…250g、おから…250g、黒ごま…大さじ2、ベーキングパウダー…大さじ1、豆乳…100ml
【作り方】1.ボウルにおからを入れ、よくほぐしておきます。
そこへ強力粉、黒ごま、ベーキングパウダーをプラスして、おからとなじむようによくチョイスします。
2.豆乳を少しずつプラスしてて手でこね、生地がまとまってきたら、6~8等分(好きな大きさ)に分けて丸めます。
3.オーブンを200℃に温めます。
天板にクッキングシートを敷き、2.の生地を並べ、温めたオーブンで約30分焼きます。
お好みそれならちみつをプラスしてて甘さをプラスしたり、かぼちゃやにんじんなどをプラスしてると見た目も栄養もアップします。
食べるときはたっぷりの水分も合わせて摂ってください。
おからがお腹の中でふくらんで、満腹になります。
ダイエットフードは買えば高いですが、手作りすると安くできますしアレンジもきき、なにより安心です。
ただし栄養が強化されているダイエットフードとは違いますので、他の食事のバランスもきちんと考えて食べるようにしてください。

おからの栄養

美容と健全な体に役立つとしてメジャーのフードと言えば大豆ですが、多くのひとがは大豆アイテムをどのような形で食べていますか?
大豆の水煮をサラダに入れたりスープにしたり、そのうえ納豆や豆腐をいつも食べたり、あるいは豆乳をいつも欠かさず飲んでいる、という人もいることでしょう。
けれどもおからについては、大豆アイテムの中でもいまひとつ表舞台に立てていないような気がするのです。
おからと言うと大豆から豆乳を絞ったあとのカスというイメージがあったり、調理にも手間がかかためわけなく摂ることができないなどの理由からつい敬遠されてしまうのかもしれません。
けれどもおからは見捨ててしまうには大変もったいない栄養がまだまだ含まれているのです。
ダイエットにも効果を上げるのです。
メジャーの豆乳クッキーで痩せる方法にもおからが入っていることでお腹がいっぱいになったイメージを得ることができたり便秘を改善することもできるのです。
豆乳クッキーで痩せる方法、というアイテム名を聞くと「そうだね、豆乳は体にいいからね」と納得するのですが、豆乳+おからのパワーが合わさってこそダイエットに適するものだと思うのです。
そこで、残りカスに思われがちなおからの、まだまだ見捨てられない栄養について少しお話したいと思うのです。
大豆の主な栄養であるイソフラボンは、おからより豆乳の方が多く含まれているのです。
けれども例えばタンパク質は豆乳の約2倍、カルシウムについては約5倍、そして食物繊維それならなんと約58倍にもなります。
このたっぷり含まれる食物繊維がお腹の中でふくらみ、食べすぎを防ぎ、そのうえ余分な脂の取り込むことがも妨げてくれるのでダイエットにはおからが適するものなのです。
多くのダイエットクッキーにおからが使われているのも納得できますね。
そのうえ主婦にとってハッピー点がもう一つ、おからはとても安いお値段なことです。
おからは調理している間にどんどんふくらみますので、スーパーで1袋買ってくるとフライパンから溢れるほどの卯の花ができます。
そのうえお菓子作りでも小麦粉の一部をおからに替えるなど、アイデア次第でおからをおいしく食べることができます。
栄養面でも経済面でもとても役立つおから、もっともっといつもの食事に取り入れられるとよいですね。

もちもちおから餅

ダイエットの主流と言うと、やはり食事制限をして取り込むエネルギーを抑えることでしょう。
そのため豆乳クッキーで痩せる方法のような1食置き換え食品フードがたくさん市販されているのです。
その多くは低エネルギーでありながら栄養バランスはばっちり、さらにお腹もふくらみお腹がいっぱいになったイメージを得られるとPRされているのです。
けれどもリアルにはこれまで食べていた食べる量よりかなり少なくなるわけですから、結局ダイエットはお腹がすいている感じとの戦いになることが大部分です。
そのうえいつも同じ置き換え食を食べていると飽きてくるのも間違いないのです。
そこでたまには目先を変えて、自分で作ったもので置き換えをしてみませんか?
豆乳クッキーで痩せる方法の材料からアイデアをもらい、豆乳とおからを使ってクッキーとは違ったタイプの置き換え食を作りましょう。
ここで披露するのは、豆乳おから餅のレシピです。
パサパサしてしっかりとした食べるイメージの豆乳クッキーで痩せる方法にそろそろ飽きていた人も、おから餅のもちもちした食べるイメージがフレッシュに感じられるでしょう。
【材料】おから…50g、豆乳…50g、水…大さじ1、片栗粉…大さじ1と1/2、きな粉…大さじ2、低エネルギー甘テイスト料…適宜、塩…ひとつまみ
【作り方】1.耐熱ボウルにおから、豆乳、水、片栗粉を入れてよくチョイスし、電子レンジの600Wで1分加熱します。
2.電子レンジから取り出し、よく混ぜたら再び2分加熱します。
3.さらによく混ぜてから冷まします。
4.手で触れるまで冷めたら好みの大きさに丸め、きな粉と甘テイスト料、塩を混ぜたものにからめて皿に盛り付けます。
最後に残ったきな粉をかけていただきます。
このおから餅はダイエットにも言うまでもなくよいのですが、おからが好きではないこどものスイーツに出してあげてもよいでしょう。
おからでお餅ができるという意外性に喜んでくれるかもしれません。

健全な体食発酵おから

ダイエットに関するノウハウを調べていると、いろいろな方法、たくさんのグッズやフードがあることに改めて驚かされます。
ダイエットアイテムカテゴリーの売り上げランキングを見ていると、どんな方法が多くの人に受け入れられているのかが分かりますね。
そこで見つけたのが豆乳クッキーで痩せる方法。
アイテム名にこそなっていませんが、このクッキーがお腹がいっぱいになったイメージを与えてくれるのは材料におからが入っているからなのです。
おからに含まれる豊富な食物繊維によってお腹がふくらみ、そのうえダイエットにつき物の便秘を予防することができます。
そのため豆乳クッキーで痩せる方法だけでなく、おからを利用した置き換え食はかなり多く見つかります。
そういったダイエットのハードなテイスト方「おから」について調べていたら「発酵おから」なるものを見つけました。
発酵おからは血栓を溶かす働きや抗酸化作用を持つ健全な体食なのだそうです。
ファミリーでも作れるので、ここで発酵おからの作り方を披露したいと思うのです。
【材料】おから(生)…150g、納豆…2~3粒、シュガー…小さじ1
【作り方】1.おからを耐熱皿に入れてシュガーを振りかけ、ラップをします。
2.1.を電子レンジ500Wで4分加熱します。
(600Wなら3分)
3.ラップを少しめくって納豆をおからの上に乗せ、再びラップをしたら爪楊枝などで2~3ヶ所空気穴を開けます。
4.ヨーグルトメーカーがファミリーにあるときは、その中に3.を入れて36~40℃で17時間保温します。
こたつの中など、温度が一定に保てる場所であればヨーグルトメーカーでなくてもOKです。
5.出来上がった発酵おからにはからし醤油など、お好みの調テイスト料をかけて食べてください。
冷蔵庫で保存し、1週間以内に食べきるようにしましょう。
発酵おからはそのまま食べる以外にも、コロッケの具としてじゃが芋に混ぜて食べることもできます。
おからだけ、納豆だけ、で食べるよりも、発酵おからにした方がより抗酸化作用が高まるという考案結果も出ているそうですよ。

おからで洗顔?

豆乳クッキーで痩せる方法を調べる上で、おからのポイント性を知ることは外せません。
大豆の絞りカスと思われがちなおからが、実はとても健全な体への効き目、痩せるための効果が期待できるものであることは前にもお話してきました。
けれどもおからのすごいところは食べるという利用法だけそれならありません。
なんと洗顔におからを利用することで、肌の保水力をアップさせ、さらに白い肌へと導いてくれるそうなのです。
大豆に含まれるイソフラボンは、植物がUVや細菌などの働きから身を守るために作り出すファイトケミカルの一種だそうです。
おからを使ってスキンケアをすると、大豆イソフラボンをはじめとする保護成分が肌を守り、高いうるおい効果をもたらします。
そしてしみやしわと言った肌トラブルを起こしにくい健全な体な肌へと導いてくれます。
そのうえ、イソフラボンには穏やかなピーリング作用もあるため、美白効果も期待できます。
ここそれなら、健全な体な肌作りに一役かってくれそうな「おから洗顔」の方法を披露したいと思うのです。
準備するものは、いつも使っている洗顔せっけんとひとつまみのおからです。
泡立てネットなどを使って、洗顔せっけんをたっぷり泡立てます。
たっぷり出来た泡におからをひとつまみプラスして、よくチョイスします。
おでこ、鼻、あご、両頬に泡をおき、中心から外に向かって左右対称にマッサージしながら汚れを浮かせます。
その後は水かぬるま湯でよく洗い流し、いつも通りのスキンケアを行ないます。
おからが排水管につまるといけないので、ネットなどを排水口にかぶせておくとよいと思うのです。
豆乳クッキーで痩せる方法で中から、そしておから洗顔で外から、大豆パワーでどんどんきれいになってくださいね。