豆乳ベジタブルジュースの効果と作り方

ちkごろの食の暮らしそれならどうしてもベジタブル不足になりがちです。
外食が多かったり朝食を食べずにでかけたりと、不規則な食事の中それならなかなかバランスのよい栄養素を摂るのは難しいかもしれません。
けれどもメタボ検診が始まったこともあり健全な体に気遣う人が増え、軽い運動を始めたりサプリメントで足りない栄養を補う人も多くなっています。
言うまでもなくサプリメントは効率よく栄養を摂ることができ便利ですが、天然のサプリメントと呼ばれるフレッシュベジタブルを使ってベジタブルジュースを作って毎朝飲む、というのもひとつの健全な体法です。
そのうえたっぷりのベジタブルジュースを飲めばお腹もふくらみますので、置き換えダイエットとしてスリム効果も期待できます。
ここそれなら豆乳クッキーで痩せる方法のようなダイエットアイテムでもよく使われている豆乳とベジタブルを使って、ダイエットと美容に効果を上げるのな「豆乳ベジタブルジュース」のレシピを披露します。
【材料】豆乳(できれば無調整)…200ml、にんじん…1/2本、トマト…1/2個、りんご…1/2個、レモン汁…大さじ1
【作り方】1.にんじん、トマト、りんごを皮付きのまま切り、ジューサーにかけます。
2.ジューサーで絞ったジュースに豆乳をプラスしててよく混ぜます。
3.最後に2.にレモン汁をプラスしてて出来上がりです。
この量が1回分で、ダイエットには朝食代わりに飲みます。
ベジタブルの絞りかすまで飲むとかなりお腹が張ってしまうのでジューサーを使って果汁だけを使いました。
ミキサーを使うときはよく攪拌した後、ガーゼで漉してから豆乳とレモン汁をプラスしててください。
このレシピで作ると1回分が約400mlのジュースになります。
豆乳クッキーで痩せる方法よりもお腹がふくらむかもしれません。