おからの栄養

美容と健全な体に役立つとしてメジャーのフードと言えば大豆ですが、多くのひとがは大豆アイテムをどのような形で食べていますか?
大豆の水煮をサラダに入れたりスープにしたり、そのうえ納豆や豆腐をいつも食べたり、あるいは豆乳をいつも欠かさず飲んでいる、という人もいることでしょう。
けれどもおからについては、大豆アイテムの中でもいまひとつ表舞台に立てていないような気がするのです。
おからと言うと大豆から豆乳を絞ったあとのカスというイメージがあったり、調理にも手間がかかためわけなく摂ることができないなどの理由からつい敬遠されてしまうのかもしれません。
けれどもおからは見捨ててしまうには大変もったいない栄養がまだまだ含まれているのです。
ダイエットにも効果を上げるのです。
メジャーの豆乳クッキーで痩せる方法にもおからが入っていることでお腹がいっぱいになったイメージを得ることができたり便秘を改善することもできるのです。
豆乳クッキーで痩せる方法、というアイテム名を聞くと「そうだね、豆乳は体にいいからね」と納得するのですが、豆乳+おからのパワーが合わさってこそダイエットに適するものだと思うのです。
そこで、残りカスに思われがちなおからの、まだまだ見捨てられない栄養について少しお話したいと思うのです。
大豆の主な栄養であるイソフラボンは、おからより豆乳の方が多く含まれているのです。
けれども例えばタンパク質は豆乳の約2倍、カルシウムについては約5倍、そして食物繊維それならなんと約58倍にもなります。
このたっぷり含まれる食物繊維がお腹の中でふくらみ、食べすぎを防ぎ、そのうえ余分な脂の取り込むことがも妨げてくれるのでダイエットにはおからが適するものなのです。
多くのダイエットクッキーにおからが使われているのも納得できますね。
そのうえ主婦にとってハッピー点がもう一つ、おからはとても安いお値段なことです。
おからは調理している間にどんどんふくらみますので、スーパーで1袋買ってくるとフライパンから溢れるほどの卯の花ができます。
そのうえお菓子作りでも小麦粉の一部をおからに替えるなど、アイデア次第でおからをおいしく食べることができます。
栄養面でも経済面でもとても役立つおから、もっともっといつもの食事に取り入れられるとよいですね。